本日(2017/09/22)発売となりましたアップルの「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」のSAR値を「SAR値一覧表」に追加致しました。

SAR値の詳細につきましては「携帯電話のSAR値を知ろう」或いはQ&Aの「SAR値とは何ですか?」をご覧ください。

今回の追加分を以下にピックアップします。iPhone8の購入を検討中の方は参考にしてください。
どうしてもスペックやデザインに目を奪われがちですが、SAR値も考慮してくださいね。

SAR値の上限値は各国によって決められています。
日本の規制値:組織10グラム当たり2.0W/kgまで(総務省令・無線設備規則)
米国の規制値:組織1グラム当たり1.6W/kgまで(連邦通信委員会(FCC))

組織重量の差はありますが、米国のほうが厳しい数値を採用していると言えます。
今回の新機種では日本採用の組織10グラムで見ると「iPhone 8」より「iPhone 8 Plus」のほうがSAR値が低くなっていますが、米国採用の組織1グラムではあまり変わらないのは何故でしょう?

10g対象としたSAR値
日本採用:上限値2.0(W/kg)
1g対象としたSAR値
米国採用:上限値1.6(W/kg)
iPhone 8
モデル A1863
頭部:1.35
人体:1.36
頭部:1.20
人体:1.13
iPhone 8
モデル A1906
頭部:1.36
人体:1.36
頭部:1.17
人体:1.14
iPhone 8
モデル A1905
頭部:1.32
人体:1.36
頭部:1.19
人体:1.17
iPhone 8 Plus
モデル A1864
頭部:0.94
人体:0.99
頭部:1.15
人体:1.15
iPhone 8 Plus
モデル A1898
頭部:0.97
人体:0.99
頭部:1.19
人体:1.19
iPhone 8 Plus
モデル A1897
頭部:0.99
人体:0.99
頭部:1.19
人体:1.19

iPhoneの全機種のSAR値一覧表はこちら